So-net無料ブログ作成
検索選択

野生難しいから…春日大社の鹿、ボウガンで(読売新聞)

 奈良市の春日大社境内で3月、雌の鹿がボウガンの矢を受けて死んだ事件で、津市の飲食店経営稲垣銀次郎容疑者(39)が、奈良県警の調べに対し「三重県で2月に野生の鹿を撃った後、人に慣れた奈良の鹿に狙いを変えた」と供述していることがわかった。

 県警は、稲垣容疑者が、警戒心の薄い奈良の鹿を撃って持ち帰り、肉を売ろうとしたとみている。

 奈良地検は30日、稲垣容疑者と、三重県亀山市、飲食店員伊達恵容疑者(37)を文化財保護法違反(天然記念物き損)で起訴した。

 捜査関係者によると、稲垣容疑者はラーメン店経営が行き詰まり、知人から「鹿肉は高く売れる」と聞いたことから、2月に旅行先のアメリカでボウガンを購入。通信販売で矢を買い、同月、伊達容疑者と三重県の山中で鹿1頭を仕留め、知人らと食べたという。

 その後も何度か鹿を撃ちに行ったが、いずれも失敗した。2人は野生の鹿を捕まえるのは難しいと考え、「奈良の鹿なら、観光客に寄ってくるので簡単に仕留められるはず」と計画。

 3月12日夜から、同大社境内で、伊達容疑者がパンで鹿をおびき寄せ、近づいて来たところを稲垣容疑者が射たが、逃げられたという。

 起訴状では、2人は3月12日午後11時〜13日午前0時頃、同大社境内で、国の天然記念物「奈良の鹿」1頭をボウガンの矢で射て死亡させた、としている。ともに起訴事実をおおむね認めているという。

タミフル半減で国内売上高9%減―中外(医療介護CBニュース)
クリアはムリ!? 「上原テトリス」が話題(産経新聞)
丼にしたら100人分? 兵庫・香美に巨大アナゴ水揚げ(産経新聞)
「派遣村」湯浅氏を再起用へ(産経新聞)
犯罪死「見逃し」39件=12年間、時効1件−誤認の大半、検死官臨場なし・警察庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。