So-net無料ブログ作成

5月28日に進行協議=名張毒ぶどう酒差し戻し審−名古屋高裁(時事通信)

 「名張毒ぶどう酒事件」再審請求の差し戻し異議審で、名古屋高裁(下山保男裁判長)が5月28日に名古屋高検、弁護団との3者協議を開くことが22日、弁護団への取材で分かった。審理計画などについて話し合うとみられる。
 差し戻し異議審では、ぶどう酒に混入された毒物が、奥西勝死刑囚(84)が捜査段階で自白した「ニッカリンT」かどうかが最大の争点となる。
 弁護団は別の農薬だった疑いがあるとした鑑定書を新証拠として提出し、最高裁は改めて鑑定を行う必要があるとして、5日付で審理を高裁に差し戻す決定をした。
 弁護団は22日に記者会見し、5月の連休明けにも検察側主張に対する新たな反論書を提出すると表明。最高裁が有効性を否定したほかの四つの新証拠についても争っていく方針という。
 弁護団は同日、名古屋高検に奥西死刑囚の釈放を求める要望書を提出。名古屋拘置所も訪れ、同死刑囚と面会した。鈴木泉弁護団長によると、同死刑囚は「先生たちが頑張ってくれているから、自分も頑張る」と話したという。 

<愛知5人殺傷>長男を簡易鑑定へ(毎日新聞)
<高崎自然動物園>名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
<殺人>父親殺害?逃走中の息子、バスと衝突死 大阪・枚方(毎日新聞)
六甲高山植物園でミズバショウ見ごろ(産経新聞)
予防接種法の抜本改正へ5月に実態調査(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。